㈲かんじゅう製作所 香港事務所

           コッソリ京都に帰ってます。(;´∀`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス特別企画 第2弾

そのバーは香港島の繁華街、
コーズウェイベイの雑居ビルの一室にある。
カウンターとテーブルが3つ程度の小さなバーだ。

俺はエレベーターを降り、少しゆっくりした足取りでそのバーの
扉の前まで行き、ゆっくりと扉を開けた。


客は誰もいない。


カウンターの向こうでグラスを拭いている店主は
顔を上げいらっしゃいませ、と言おうとしたが
扉を開けた人間が俺だとわかると何も言わず、再び下を向き
グラス洗いを続けた。

俺も特に挨拶を言うわけでもなく
カウンターの端のいつもの席に腰を下ろし、
ポケットからタバコを取り出し火をつけた。
一息吸い、大きく煙を吐き出す。

店主が灰皿を持ってやって来た。
「相変わらずヒマそうだな。」
「バカ、何時だと思ってんだ。さっきやっと一通り掃けたところだ。」
俺は腕時計に目をやった。
午前2時だった。


香港のバーは欧米スタイルのPUBと呼ばれる
騒々しいタイプの店か、客の横にホステスがつくいわゆるキャバレー
のような店、ホテルのラウンジが大半で
日本で言われる『ショットバー』のような静かでこじんまりと
ゆっくりと酒を楽しむスタイルの店が殆ど存在しなかった。
そこに目をつけた店主が香港で働く俺のような駐在員や
現地採用で働く女性たちがゆっくりと楽しめる店をというコンセプトで
2年前にオープンした。
宣伝は殆どしなかったが口コミで評判は広がり、
今では結構繁盛している。

「今日は何軒目だ。」
「三軒目。さっきやっと開放されたよ。」
「そりゃお疲れさん。」

店主はショットグラスにスコッチを注いだ。

Laphroaig 15年

ストレートで飲む。
アイラモルト独特の香りが口の中に広がる。

しばらく店主とどうでもいいような話をしていた。
子供の話とか、共通の友人の話とかそう言う話だ。
そうしているうちに新しい客がやって来た。

店主は今度はちゃんといらっしゃいませ、と声をかけた。


俺は壁にもたれ目を閉じここ数週間のうちの事を思い出していた。
過ぎてしまった事を悔やんだって仕方がないと
自分に言い聞かせつつも
失ってしまったものの大きさに悲しさが覆ったりした。

だめだな。やっぱり少し飲みすぎているのかもしれない。

でも、俺自身はちゃんとわかっている。
本当は考えたくないのだ。
この夜が明けてから3日間、
自分の身に降りかかるであろう災難のことを。


「おい、大丈夫かい。」

店主が声を掛けに来た。

「ん?、あぁ、大丈夫だよ。」
「少し疲れてんじゃないのか。
昨日、上海から戻ったばかりなんだろう。」
「明日も仕事だしな。失礼するとしますかね。」

俺はグラスに残ったスコッチを飲み干した。
席を立ち、金を払って扉に向かう。

「おやすみ。気をつけてな。」
「ありがとう。おやすみ。」


ビルを出てタクシーを拾い広東語で場所とアパートの名を告げる。
タクシーのデジタル時計は3時12分を表示していた。



























              クリスマス特別企画 第2弾


http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%88%AB%96%B2%82%CC%8D%81%8D%60%8A%CF%8C%F5%88%C4%93%E0Part+1

↑アドレスバーにコピペお願いします。。。Oj乙


12月某日9:30AM











ZZZzzz























「はよ起きんかいっ! ゴルァ!!」
zzz(-Д-(┗┐ヽ(`Д´)ノキック!




「んぁ??」(-Д-)
「『んぁ』ちゃうっ!いつまで寝てるんやっ!」ヽ(`Д´)
「えびぃ?」ヽ(゚∀゚)ノ←子かんじゅう
「・・・」(-Д-)
「C嬢から電話。」(`Д´)
「んぁぃ」(-Д-)

俺は受話器をとった。

「もふもふ。」(-Д-)
「今日、会社来るデスカ?」(゚∀゚)
「うん。」(-Д-)
「かぼぉ」ヽ(゚∀゚)ノ←子かんじゅう
「じゃぁいいデス。」(゚∀゚)
「あぁ、言っとくけどさ、仕事はしないからね。」(-Д-)
「いつやってましたっけ??」(゚∀゚)


二日酔いというよりはまだ飲んでいるといった方がいい状態だ。
熱めのシャワーを浴びながら前夜どれぐらい飲んだか
思い出してみた。

2人でスパニッシュレストランでビール1杯にワインが2本
その後、クラブに行ってウィスキーをボトル1本。
別れてからヤツの店によってボトル4分の1は飲んだか。。。

そりゃ、残るよな。

酔いは醒めないが眠気だけは何とか追い出す事ができた。



「で、今日はどうするの?」(゚Д゚)
「うーん、1時にエアポートエクスプレスの駅。」(-Д-)


俺たちは空港に人を迎えに行かなければならない。

                               ★

香港国際空港


「珍しいな。遅れるなんて。」

日本-香港便の国際線は殆どが
予定時刻より10分ぐらい早く到着する。
それがこの日に限って珍しく15分程度到着が遅れていた。
到着ゲートに現れるまで後30分はかかるだろう。

「コーヒーでものみに行こう。」(*´∀`)
「仕方ないわねぇ。」(゚Д゚)



40分後、姿を現した。




























ヽ(`Д´)(`Д´)(゚∀゚)(´ロ`)

「来たでぇっ」















母かんじゅう whith Friends

「子かんじゅうちゃんっ!」(`Д´)


(゚∀゚)ポカーン


「ばぁばやでっ! ばぁば」(`Д´)

「あんべぇっ!」ヽ(゚∀゚)

「かんじゅうちゃん、よろしゅう頼むわなっ」(`Д´)←友人1号

「はぁ。」(;´∀`)

このおばちゃんには逆らえない。
俺が5歳の時、2階の窓から外に向かっておしっこをしてる所を
目撃されてるのだ。
寝ぼけてたとフォローしてくれたが
実はバッチリ目は覚めてた。
トイレに行くのが面倒だったのだ。
友人2号も俺のことをガキのころから知っている。
友人4号は友人2号の友達らしく初対面の女性だ。

「まぁ、とりあえずホテル行きましょう。」(;´∀`)

こうして悪夢の3日のスタートが切られたのだった。

                               ★


初日の夕食は海鮮料理。

「えびぃっ」ヽ(゚∀゚)ノ

「これ、おいしいなぁ。」(`Д´)←友人2号
「このパンもおいしい。」(´ロ`)←友人4号
「あんたッ、いつもこんなんばっかり食べてるんやろ。」(`Д´)
「めったにくわねぇよっ」(;´∀`)
「ねぇ、かんじゅうくん。明日の朝なんだけど。」(゚∀゚)←友人3号
「ホテルの朝食ついてるでしょう。」(*´∀`)
「それね、わざと外したの。」(゚∀゚)
Σ(´Д`lll)エエ!!
「で、みんなでお粥を食べに行こうと思って・・・。」(゚∀゚)
「どっかエエ店知らんか?」ヽ(`Д´)

おいおい、明日は8時ごろには行かなきゃいけないのかよ。

「この辺は僕もよく知らないから、明日の朝近場でさが・・・」(;´∀`)
「わてらだけで行きたいねん。」(`Д´)←友人2号

(゚Д゚)ポカーン

まぁ、友人3号は英語も出来るようだから大丈夫だと思うが

「ホテルからこの店に来る途中に『粥・麺』って看板のお店が
何軒かあったでしょう。」(;´∀`)
「うんうん。あったあった。」(`Д´)(`Д´)(゚∀゚)(´ロ`)
「そこに行けば食べられます。朝7時ごろからやってるはずだから。」
「わかった。『粥・麺』の店やな。」(`Д´)

そんな話をしながら海鮮料理はまぁ、満足してくれたようだった。

「さて、時間だからそろそろいきましょう。」(;´∀`)

そして俺たちは初日のメインイベントの集合場所へと向かった。


                               ★

11月某日、夫婦の会話。

「あんなぁ、お義母さんからリクエストが来た。」(゚Д゚)
「何でしょうか?」(;´∀`)
「屋根無しの観光バスあるやんか。」(゚Д゚)
「はいはい、観光客が乗ってるヤツね。・・・ってヲイ。。。」(;´∀`)
「乗りたいんやって。」(゚Д゚)
「・・・」(;´∀`)
「申し込んどいたから。7人分。」(゚Д゚)
「来るのは4人でしょう。」(;´∀`)
















「ナニ言ってるのよっ!

私たちも乗るに決まってるでしょう」(`Д´)


やっぱり。。。_| ̄|○


そういうわけで、



               


俺は香港に来て5年目にして始めて観光バスに乗る羽目になった。


         20051223222749.jpg


こんな感じで香港名物の看板を間近で見られる。

まぁ、確かに見世物としてはなかなか魅力的かもしれない。
横の子かんじゅうもさぞや・・・














zzz・・・(-Д-)

寝てるし。_| ̄|○

まぁ、仕方ない。メインは母かんじゅうたちだ。














「それでなぁ、○○サンがなぁ・・・」(`Д´)ノヽ(`Д´)


香港まで来て近所話かよっ

                               ★

バス観光も終わり、初日のスケジュールは終了。

「明日本当に大丈夫なんですか?」(;´∀`)
「大丈夫、ダイジョウーブ」(゚∀゚)←友人3号
「じゃぁ、明日は10時半に部屋にうかがいます。」(;´∀`)
「明日はアンタの家行くから。」(`Д´)
Σ(´Д`lll)エエ!!
「その後は、飲茶に行って、ヴィトンに・・・」(´ロ`)←友人4号
「晩御飯は?」ヽ(`Д´)←友人2号
「一応、フカヒレとアワビを・・・」(;´∀`)
「フカヒレっ!アワビっ!!」(`Д´)(`Д´)(゚∀゚)(´ロ`)
「じゃ、10時半に。おやすみなさい。」


開放されたのは23時を過ぎていた。



Part2へつづけ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanjuu1968.blog16.fc2.com/tb.php/62-5b23ca6c

 | HOME | 

Appendix

かんじゅう@香港

かんじゅう@香港

MSN Spacesより
引っ越してきた
バカ駐在員です。
il||li_| ̄|○ il||li

FC2Ad

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。